朝ごはんがおいしいと思う外国

海外旅行に行くと時差があったり、温度や湿度が大きく変わってどうしても体調を崩しがちです。

朝ごはんがおいしいと思う外国
朝ごはんがおいしいと思う外国

海外旅行に行くと時差があったり

■ 34歳 女性
海外旅行に行くと時差があったり、温度や湿度が大きく変わってどうしても体調を崩しがちです。
特に時差のせいでグッスリ眠れないと言う人も多いと思います。私もその一人で普段の生活では毎日同じ時刻に寝てるので、8時間とか大きな時差があると寝付きも悪くなるし、熟睡した感覚もなく旅行中ずっと寝不足気味で倦怠感を感じてます。
そんな海外旅行で体調を崩さないコツと言えば、お風呂にゆっくりと浸かることです。
海外のホテルの多くはユニットバスでシャワーのみというのがほとんどですが、私はたとえバスタブが小さくても、お湯をためてなるべく湯船に浸かるようにしています。そうすることで自律神経が安定し、夜もグッスリ眠ることが出来るからです。
あまり熱いお湯にせず、比較的ぬるま湯にして長く入るようにしています。そうするとじんわりと汗が出てきて気分も落ち着いてきます。もし体をお湯に浸ける事が出来ないくらいバスタブが小さい時は、下半身浴を行います。それでもかなりリラックス効果があるみたいで、1時間ほど半身浴をしてると全身にたっぷり汗をかくし、あがった後もしばらく体がホカホカして、よく眠れるんです。