朝ごはんがおいしいと思う外国

海外旅行に行っても常に体調を万全に保つコツは、いつもと同じ時間帯に食事をすることと、腹八分目を心がけることです。

朝ごはんがおいしいと思う外国
朝ごはんがおいしいと思う外国

海外旅行に行っても常に体調を万全に保つコツは

■ 34歳 女性
海外旅行に行っても常に体調を万全に保つコツは、いつもと同じ時間帯に食事をすることと、腹八分目を心がけることです。

人間には体内時計というのがあって、それが崩れると体調も悪くなったりするようです。
ほとんどの人が毎朝同じ時刻に起きて、朝昼晩ほぼ同じ時間帯に食事を摂ってると思います。そういう生活を送ってると食事の時刻になると胃から自然に胃酸が分泌されるそうです。
それなのに旅行中に食事の時間がずれると、胃酸過多になったり、消化不良を起こしやすくなるので体調にも影響してしまいます。だから海外旅行でもなるべくは同じ時間帯に食事をした方が良いと思います。
また海外で珍しい食べ物や美味しい料理を出されると、ついついお腹いっぱいに食べてしまいますが、慣れない海外生活ではストレスも多く、胃にも負担がかかってる場合もあるので食べ過ぎは厳禁です。
胃もたれや消化不良を起こし胃腸の調子を崩してしまうこともあるからです。

健康の秘訣は腹八分目と昔からよく言われてますが、それは海外旅行に行くときも同じです。
食べ過ぎ飲み過ぎは、健康にはあまり良くないので、どんなに美味しそうでも腹八分目を心がけながら頂くのが、体調を良好に保つコツだと思ってます。